0000975572

国際結婚をすると夫婦のどちらかが必ず文化の異なる地で暮らすことになります。仕事の関係などで夫婦のどちらもその環境での生活を強いられることもあるでしょう。どんな事情であれ異国の地での生活には言葉や文化、習慣などの違いから様々な問題と直面します。

 

ここではフィリピン人との国際結婚でフィリピン人は日本の生活に馴染めるのか、そして馴染むために必要なことについてお話したいと思います。

まず、フィリピン人は日本の生活に馴染めるかどうかについては、“やや難しい”かもしれません。親しみを持って生活することはできますが、調和に関しては長い月日が必要です。

言葉を覚えるのがとても早くコミュニケーション能力の高さもあって、馴染みやすいようにも感じることでしょう。しかし、日本には様々な場面でルールがありフィリピン人はとても窮屈に感じています。簡単に言うとフィリピン人にとって日本は、『マニュアル通りで融通が利かない』のです。

旅行などで数日過ごすのとは訳が違い、日本で生活をする多くのフィリピン人が抱える問題なのです。そんなことに日々直面すると徐々に大きなストレスになっていきます。

また来日して間もないと“日本での常識”がわからないため、マナーが悪いなどと思われてしまいがちです。そのため、周囲からの厳しい視線や注意を受けてトラブルになることもあります。

フィリピン人女性はとても強く、たくさんの人々が母国を離れて生活しています。すでに日本にも多くの移住者が?いますが、日々の生活についてはいろいろと思うことがあるようです。

では、どうすれば馴染めるのか考えていきましょう。

1.パートナーであるあなたが、しっかりと話を聞いてあげること。

フィリピン人にとって家族は大きな心の支えです。夫であるあなたが良き理解者になることが大切です。女性は共感してくれるだけでも精神的な癒しを感じます。どんなことでも耳を傾けてあげましょう。

2.日本のことを教えてあげる

フィリピン人は常識がないわけでもマナーが悪いわけでもありません。フィリピンでは普通なのですから。「日本では~」をたくさん教えてあげましょう。きっと耳が痛くなることがたくさんあるかもしれませんが、知って損をすることはありません。

その際に気を付けて欲しいのは、日本の常識が正しいような言い方やそうしなさいという強制的な言葉はせずに、大変だけど一緒に頑張ろうというように助けてあげてください。

忘れてはならないのは、パートナーはフィリピン人であるということです。

3.サポートをしてあげる

当面の間はいろいろなことの手助けが必要となります。子供の教育関係では特に学校などの先生と伝達が上手くいかないことがあります。忘れ物など子供にも影響が及びますのでサポートしてあげてください。一人でやってしまうのではなく一緒にやってあげることが大切です。

4.フィリピン人のコミュニティーなどに参加させてあげる

母国語で話す機会をあげましょう。海外にいる日本人が母国を恋しくなるように、フィリピン人も同じです。同じ境遇の人との会話や情報交換は大事なことですし、フィリピン人はコネクションがとても強いので仕事などにもつながることがあります。

いかがでしたか?特に驚くことはなかったかもしれませんね。価値観の違いなど日本人同士にもよく当てはまります。違いと間違いをしっかりと見極めて接してあげたいですね。

今回の記事が役に立ちましたら下のバナーを応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村