0000975574

フィリピン人の多くはキリスト教徒で、日々の生活の中でもその教えに従っています。冠婚葬祭では特に日本との違いもあることでしょう。フィリピン人の家族や友人がいたり、何らかの関わりがある人はいつかフィリピン式の葬儀に参列することがあるかも知れません。

人の死というのはどんな事情であっても悲しいものです。国の文化や宗教の違いがありますし、失礼の無いように温かく故人を送り出すためにも事前に知ることは大事なことだと思います。

今回はフィリピンの葬儀についてお話しますが、フィリピンでは日本のような形式にはあまり囚われませんので、家庭によって様々ですが、ここでは日本と異なるフィリピンでの一般的な葬儀をご紹介したいと思います。

○通夜が1週間も続くの!?

日本の通夜は通常1日ですが、フィリピンでは約1週間続きます。ご存知の通りフィリピンは出稼ぎ国とも言われるほど、海外に住んでいる人がとても多いです。

そのため、家族や友人が亡くなっても会ってお別れができるようにその期間を設けているのです。大体約3日~1週間続くため、暑い国のフィリピンでは死後すぐに防腐処理がされることもあります。

○賑やかに送り出す!?

フィリピンの国民性でしょうか?葬儀では賑やかに故人を送り出します。通夜について述べた通り、海外にいる家族や友人が故人とのお別れに帰省することがあります。

久々に会う機会でもあり、再会の喜びや記念写真で盛り上がります。参加する人数も多いため笑い声や笑顔も見られます。またこの機会にマージャンなどの賭け事をすることも珍しくなく、葬式費用に充てるために頑張る人もいます。

○土葬が基本(近年は火葬も)

 

フィリピンは先にも言ったとおり、国民の多くはキリスト教徒です。そのため土葬が一般的です。しかし、近年は地域によって土地不足の問題や衛生面の問題から火葬も増えてきています。

○服装や香典など基本的にこだわらない!?

日本では全身黒で統一されますが、フィリピンでは色のみならずTシャツ・短パンでもOKです!派手なドレスは着ないにしてもカジュアルでも大丈夫です。一応黒や白はフィリピンでも喪に服す色ではありますが特にそうでなくてはいけないということはありません。

香典はフィリピンではお花代になりますが、金額は自由です。あげなくてはいけないということもありません。遺族や自身の懐具合によって様々です。葬儀が行われる教会などに献金をして礼拝依頼(Mass offering card)をすることも喜ばれます。

○遺体の写真を撮っても良い!?

フィリピンでは遺体の写真を撮ってもOKです

最初はちょっと驚きましたが…最後の姿を残しておきたいという思いやお別れが出来なかった人と一緒に祈るためになどでしょう。撮った写真はアドレスに送られたり、Facebookなどでアップロードされます。フィリピン人とつながっていると目にすることがあるかもしれません。

最後に、キリスト教では死というものが終焉とは考えていませんので、遺族に対してお悔やみは申し上げません。「平安をお祈りいたします」などの慰めの言葉を掛けることをおすすめします。

今回の記事が役に立ちましたら下のバナーを応援クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村